국제탈북민연대 소개

趣旨・結成・代表

趣旨:関東地方在住の脱北者有志の集まりであり、北朝鮮の人権問題、脱北者問題、そして日本に受け入れられた脱北者の定着問題について脱北者の立場から発信していく。また、朝鮮総連などが主導した北朝鮮帰国事業の歴史的な責任を追及し、その責任を果たすよう求めていく。

結成:2012年3月8日、中国政府による脱北者の不当拘束と北朝鮮への強制送還に対し、東京中国大使館に日本の市民団体とともに抗議行動。
この日を持って正式に発足する。

代表:木下公勝 1960年、10代半ばにて、両親に連れられて帰国事業で北朝鮮に渡る。

現在も北朝鮮に親族を残しているためプロフィールは明らかにできないが、現在統一日報紙にて「脱北帰国者が語る「北の喜怒哀楽」」と題し、北朝鮮での生活を帰国者の立場から連載中。2006年脱北し、日本に再び戻る。

2 Comments

  1. いつもお世話になっております。
    突然の連絡で失礼致します。
    私どもは「北朝鮮による拉致問題や人権問題を研究する」団体でございましてSNSで人権活動を行っております。
    さて、この件についてお話がございます。
    この頃北朝鮮は自分の体制を宣伝するため
    宣伝用メディアやSNSのアカウントを数十個以上運用しながら
    金正恩の偶像化と神格化に力を注いでいます。
    そして核保有を正当化するため大々的な広報活動を広げて、
    ましては、よその国の首相や大統領まで非難するなど、
    ネットの世界を掻き乱だしております。
    いわば、想像すらできない地獄のような現状とのことでございます。
    核・ミサイルの脅威や拉致、強制収容所の運用などなど、
    さまざまな人権侵害が、このメールを書いている今にも行われております。
    それで私どもは、「このままでいいのか」と世界を心配する方々の声を集めて
    担当者様にその旨を伝えようとメッセージを書いております。
    ご存知のように、現在、国連だけでなく、
    世界各地で対北朝鮮制裁を本格化している状況下で、
    SNSサービスを活用して全世界を脅かしています。
    ぜひネットユーザーの対北独自制裁に参加していただけますか?
    ぜひネットユーザーの力で拉致被害者全員が帰るように声を出していただけますか?
    参加は簡単でございます。
    ただハッシュタグをつけて頂くことだけです。
    ハッシュタグは
    「#ツイデモ #拉致被害者全員奪還 #総連帰れ #ネットユーザーの対北独自制裁」
    これくらいですね。
    また、このキャンペーンに応援の声や激励のメッセージを下記のメールに送って頂ければ力になると思いますので
    何卒、よろしくお願い致します。

    メール : anscon0@yahoo.co.jp

    • ホームページへのご訪問ありがとうございます。

      金正恩政権の崩壊と拉致被害者問題の解決のため、私たちもご活動に参加させていただきます。

      宜しくお願い致します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*