협력NGO게시판


Notice: Undefined index: parent_uid in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoardBuilder.class.php on line 25

Notice: Undefined index: pageid in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoardBuilder.class.php on line 26

Notice: Undefined index: KBOARD in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/helper/Security.helper.php on line 31

Notice: Undefined index: category1 in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoardBuilder.class.php on line 28

Notice: Undefined index: category2 in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoardBuilder.class.php on line 29

Notice: Undefined index: keyword in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoardBuilder.class.php on line 30

Notice: Undefined index: target in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoardBuilder.class.php on line 31

Notice: Undefined index: uid in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoardBuilder.class.php on line 33

Notice: Undefined index: mod in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoardBuilder.class.php on line 34

Notice: Undefined property: stdClass::$pass_autop in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoardMeta.class.php on line 23

Notice: Undefined property: stdClass::$autolink in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoardMeta.class.php on line 23

Notice: Undefined property: stdClass::$shortcode_execute in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoardMeta.class.php on line 23

国連総会決議

작성자
hiro
작성일
2014-12-21 18:46
조회수
135
12月18日(木),国連総会で北朝鮮人権決議が可決されました(賛成116,反対20,棄権53).

数十年にわたる最高指導層の政策により「人道に対する罪」がおこなわれてきたことを確認し, 北朝鮮の人権状況を国際刑事裁判所に付託するよう安全保障理事会に促しています.

決議文を日本語に訳したので,ご一読ください.


北朝鮮の人権状況

2014年11月14日


提案国:
アルバニア,アンドラ,オーストラリア,オーストリア,ベルギー,ボスニア・ヘルチェコヴィナ,ボツワナ,ブルガリア,カナダ,チリ,クロアチア,キプロス,チェコ共和国,デンマーク,エストニア,フィンランド,フランス,ドイツ,ギリシャ,ハンガリー,アイスランド,アイルランド,イスラエル,イタリア,日本,キリバティ,ラトヴィア,リヒテンシュタイン,リトアニア,ルクセンブルグ,マルタ,ミクロネシア(連合国家の),モナコ,モンテネグロ,オランダ,ノルウェー,パラオ,パナマ,ポーランド,ポルトガル,韓国,モルドヴァ共和国,ルーマニア,サン・マリノ,セイシェル,スロヴァキア,スロヴェニア,スペイン,スウェーデン,スイス,前ユーゴスラビア共和国マケドニア,トルコ,ツバル,ウクライナ,イギリス(含む・アイルランド),アメリカ合衆国,ウルグアイ,バヌアツ
(訳者注:計58か国)
改訂決議案 


国連総会は,
全ての国が,人権と基本的自由を守り促進する義務また種々の国際機関(手段)を通して行使してきた諸義務を達成する義務を有していることを確認し,
2013年12月18日総会決議68/183,2014年3月28日国連人権理事会決議25/25を含む,朝鮮民主主義人民共和国(以下,北朝鮮と表記する――訳者注)の人権状況に関する国連総会,人権委員会,人権理事会によって採択された以前の諸決議を想起し,そしてこれらの諸決議を達成する共同の努力を国際社会が強める必要に心を致し,
北朝鮮における人権侵害の重大な人権状況と,人権侵害者を処罰しない文化の広がりと責任意識の欠如に深い関心を示し,
北朝鮮の人権状況に関するCOI報告を歓迎し,そこに含まれる詳細な事実認定に重大な関心を表明し,
2014年4月14日のCOI報告の安保理への提出に留意し,
人道犯罪から自国の国民を守る北朝鮮当局の責任を想起し,
北朝鮮人権特別報告者の北朝鮮訪問が許可されず,北朝鮮当局の何らの協力も得られていないことを遺憾とする特別報告者の報告に留意し,また68/183決議に従って提出された国連事務総長の北朝鮮人権状況に関する全体報告にも留意し,
北朝鮮が,市民的政治的権利に関する国際規約,経済的社会的文化的権利に関する国際規約,子どもの権利条約,女性差別撤廃条約の批准国であることに心を致し,4条約の条約母体の総括的見解を想起し,
障害者の権利条約および児童買春,児童強姦,児童ポルノに関する子どもの権利条約の随意議定書への北朝鮮の署名を歓迎し,その条約の批准と随意議定書に早期に移行することを促し,障害者と子どもたちの権利を完全に尊重することを北朝鮮に求め,
北朝鮮の第2回普遍的定期的審査への参加を確認し,その報告の成果に見られる268の勧告中113の受け入れとそれらを履行しさらに58項目の履行の可能性にふれた言及に留意し,その国の重大な人権侵害を改善するために勧告の履行の重要性を強調し,
北朝鮮国民の健康状態を改善するための北朝鮮政府と国連児童基金,世界保健機関との協力,また子どもの教育の質の向上を改善するための国連児童基金との間に打ち立てられた協力を歓迎し,
北朝鮮における国連開発計画の活動の,よりゆるやかなスケールでの再開始の決定に留意し,その計画の援助を必要としている人々に資することを確実にするために,北朝鮮政府が国際社会と取り組むことを励まし,
食糧が行きわたっているかの食糧安全査定に関する北朝鮮政府と世界食糧計画,国連児童基金,国連食糧農業機関間の協力に留意し,国家,家庭,個々人の食糧の安全と滋養状況での変化,またはそれによる助力計画の目標での施主(donor)の信頼をサポートする点での変化を分析するにあたっての,これらの査定の重要性を強調しながら,北朝鮮政府と世界食糧計画によってサインされた「申し合わせ」の手紙,実施条件,接近法,国連加盟国用の国際基準により近づけた監視措置を評価しながら,
国際的な拉致と全ての被拉致者の速やかな帰還の問題の重要性を認識し,2014年5月の北朝鮮と日本の政府間レベルの相談の成果に留意し,全ての日本人,とりわけ拉致犠牲者に関する北朝鮮によってなされた調査での,具体的で確かな成果を期待しながら,
北朝鮮における人権と人道状況の改善に貢献することのできる朝鮮人どうしの対話の重要性に留意し,
2014年2月の国境を越えた離散家族の再会の再開を歓迎し,これは全朝鮮人の緊急な人道的関心であって,より大規模で不断におこなわれるさらなる再会の必要な措置が,北朝鮮,韓国,全朝鮮の離散家族たちによってなされることを希望しながら,

1. 長く続き,今もおこなわれている,組織的で広範な北朝鮮における重大な人権侵害を非難する.2013年3月21日の決議22/13で人権理事会内につくられた北朝鮮人権問題調査委員会(COI)が,(北朝鮮内で)人道犯罪が相当数おこなわれていること,その侵害が全く処罰されていないことを述べているが,それらの人権犯罪を,国連総会は非難する.

2. 国連総会は以下の諸点に対し,非常に深刻な関心を表明する.
(a)COI報告書の中で指摘されている以下のような詳細な事実認定などからなる人権侵害の引き続く報告の存在.
(i)拷問とその他の残忍で非人間的または品位を下げる取扱いまたは処罰(非人間的条件の拘留を含む),強姦,公開処刑,超法規的で恣意的な拘留,公平な裁判の保証と独立した司法権を含む法的手続き,法のルールの欠如,超法規的で即決的,恣意的な処刑,政治的,宗教的理由による死刑処置,3代にわたる連座制,広範囲にわたる強制労働.
(ii)大量の人々が自由を奪われ,嘆かわしい条件に従わせられていて,驚くほどの人権侵害が犯されている,広範囲に広がった政治犯収容所の存在.それゆえ北朝鮮にこの実施を直ちに終わらせ,全ての政治囚を無条件で即刻に釈放することを強く促す.
(iii)人口の強制的な移動,国内を自由に移動しようとし,外国に旅行しようとする,全ての人々に課せられた制限,許可なく国を離れ,また離れようとした人々やその家族への処罰を含む,または許可なく国を離れて帰国した人々への処罰.
(iv)隔離,拷問,他の残酷で非人間的または品位を下げる取扱い,性暴力または死刑に至る,北朝鮮へ強制送還されまたは帰国した難民と避難所を求める人々の状況,外国から帰ってきた人々に課せられている制限.それゆえに「本人の意思に反して送り返さない」基礎的な原則の尊重,保護を求める人々を人間的に扱い,保護を求める人々の人権を守る観点に立って,国連難民高等弁務官とその事務所にアクセスすることを妨げないことを,全ての国に求める,難民の地位に関する1951年の規約と1967年のその議定書の下での義務を果たすように全ての批准国に再度求める.これらの法規によって擁護されている北朝鮮からの避難民に関連する義務を果たすように.
(v)思想,良心,宗教または信条,意見と表現,平和的な集会と結社,プライヴァシーの権利,情報への平等なアクセス(接近)などの上にわたって,全てに染みわたる厳しい制限.これらは,意見や表現,宗教や信条の自由を行使し,彼または彼女の国の,直接にまたは自由に選ばれた代表を通して公的な出来事の取扱いに参加する個々人の権利を行使する,個々人とその家族を迫害し,拷問し,投獄することによって,おこなわれるのである.
(vi)北朝鮮の人々,特に女性,子ども,障害者と老人のなかでの,厳しい空腹,栄養失調,広がる健康問題と他の苦境に導く,経済的社会的文化的権利の侵害.
(vii)女性の人権と基本的自由の侵害,特に彼女たちを売春,家事手伝いまたは強制結婚の目的のために国を去らせ,人身売買というきわめて弱い立場に追いやる国内条件の創出.女性たちを強制堕胎,政治的社会的側面での性的差別に従わせるもの.そしてその他の形の性的侵害.
(viii)子どもの人権と基本的な自由の侵害,特に多くの子どもたちの基本的な経済的社会的文化的権利にアクセスすることの依然とした欠如.この点,とりわけ,帰国したまたは送り返された子どもたち,ストリートチルドレン,障害児,両親が囚われている子どもたち,拘留所や施設にいる子どもたち,法律に違反した子どもたちが直面する傷つきやすい状況.
(ix)障害者の人権と基本的な自由の権利の侵害,特に障害者が自分たちの子どもの数とその(産む)間隔を自由に責任をもって決める権利を妨げる集団的キャンプや強制的施設を使うことによる.
(x)労働者たちの権利の侵害,具体的には,結社の自由や団体交渉の権利の効果的な容認,経済的社会的文化的権利に関する国際規約下での北朝鮮の義務に規定されたストライキ権,子どもの権利条約によって北朝鮮に義務づけられている子どもの経済的搾取の禁止,子どもの危険な労働の禁止などの侵害.
(xi)成分制度を基礎にした差別.成分制度は人々を国家が定めた社会階級と生まれを基礎に階層化する.また政治的意見や宗教をも考慮に入れる.
(b)北朝鮮人権特別報告者の任務を認めること,または特別報告者に協力することの,北朝鮮政府の依然とした拒否.
(c)北朝鮮当局の国内の重大な人権侵害状況認識の依然とした欠如と,第1回普遍的定期的審査結果に含まれていた勧告の履行の必然的欠如.
(d)COI報告が指摘している人道犯罪を含む人権侵害に責任のある者たちを起訴するうえでの北朝鮮当局の失敗.

3. 大規模かつ国家政策の問題として,他国からを含む組織的誘拐,本国送還の拒否,続く強制された失踪において非常に深刻な懸念を強調する.この点で,拉致被害者の即時の返還を保証することを含め,透明な方法でこれらの国際的懸念の問題を至急解決することを北朝鮮政府に強く求める.

4. 北朝鮮の不安定な人道的状態に深刻な懸念を表す.それは自然災害に対する限られた回復力と政府の政策により,急速に悪化している.政府の政策は,多様な食糧のかなりの不足を引き起こす農業生産の構造的脆弱性と,耕作や食糧の売買についての国の制限が合わさり,食糧の入手可能性とアクセスに制限を引き起こしている.結果として,特に最も弱いグループ,妊娠中の女性,子ども,障害者,高齢者の間で慢性的な栄養失調が流行する.そして,この点で北朝鮮政府に予防的で改善できる行動を取り,国際的援助機関に必要な協力と,国際基準に従い人道支援の監視を受けることを勧める.

5. 特別報告者に対し,アクセスの拒否にもかかわらず彼の権限内で,ここまで引き受けてきた活動と継続した努力を称賛する.

6. また,COIの仕事を称賛し,そのレポートの重要性を認め,COIが北朝鮮へのアクセスについてを含め,北朝鮮当局から何の協力も受けられなかったことを遺憾とする.

7. 集められた証言の主要部分と得られた情報は,北朝鮮が何十年も最高レベルで確立した政策に従い,人道に対する罪が北朝鮮で犯されてきたと信ずるに足る妥当な根拠を提供している,というCOIの調査結果を承認する.

8. COIのレポートを安全保障理事会に提出することを決定する.そして北朝鮮の状況の国際刑事裁判所への付託と,COIの言う人道に対する罪を構成する行為に最も責任をもつと思われる人々に対し,効果的に目標とされた制裁の機会を考えることを含め,安全保障理事会が関連のある結論とCOIの勧告を考慮すること,および説明責任を保証する適切な行動を取ることを奨励する.

9. 監視を強めるための,韓国国内での現場ベースの組織確立に向けた人権高等弁務官室の処置を歓迎する.この組織の目的は,持続した報道,主張,より先を見越したイニシアチブを通して,説明責任を保証するためであり,特別報告者にさらなる支援を供給するためであり,全ての関係ある国の政府と市民組織と他の関係者の取り組みと能力育成を増すためであり,そして北朝鮮国内の人権状態の可視性を維持するためである.

10. 人権高等弁務官室の現場(ソウル)事務所が,十分な財源をもち,いかなる報復行為や脅迫にも服従しないように,独立して機能できるように,国連加盟国に要求する.

11. 北朝鮮政府に全ての人権と基本的自由,および以下の点を完全に尊重することを強く促す.
(a)前述の総会,人権委員会および人権理事会の決議と,定期的普遍的審査の文脈内の人権理事会による,またCOIによる,また国連特別手続きと人権条約機関による,北朝鮮に向けられた勧告で提示された施策を完全に実行することにより,その組織的かつ広範囲で重大な人権侵害を直ちに終わらせること.
(b)住民を保護し,刑罰を免れている問題に取り組み,人権侵害に責任をもつ人々が,独立した司法の前で法に照らして処断されること.
(c)難民を流出させている根本の原因に取り組み,犠牲者を犯罪者扱いすることなく,密航,人身売買,強奪によって難民を搾取する人々を起訴すること.
(d)北朝鮮へ追放された,または送還された北朝鮮市民が,安全かつ尊厳をもって帰還でき,人道的に扱われ,いかなる刑罰も受けないこと,そして彼らの地位や待遇についての情報を提供すること.
(e)北朝鮮への完全で,自由で,妨げるもののないアクセスを特別報告者に許可することを含む,特別報告者への完全な協力を広げること.人権状況への完全なニーズの査察がなされるように,他の国連人権機関にも協力すること.
(f)北朝鮮の人権状況を改善する目的をもち,近年高等弁務官に追求されてきたように,人権高等弁務官,およびその事務所との,人権分野における技術的協力活動に従事すること.そして,普遍的定期的審査による一般に是認された勧告を実行するよう努力すること.
(g)国際労働機関との協力に従事すること.
(h)国連の人道機関との協力を継続し強化すること.
(i)人道援助に,完全かつ安全で制約されないアクセスが保証されること.そして誓約どおり人道主義に従い,人道機関が基本的な必需品について国のすみずみまで公平な配送が確保されることを可能にする対策を取ること.十分な食糧へのアクセスを保証すること.持続可能な農業を通し,健全な食糧生産の配分措置と食糧セクターへのさらなる資金の割り当てを含むより効果的な食糧安全政策を実行すること.人道援助の十分な監視が保証されること.
(j)国際的な監視と評価手順に従い,ミレニアム開発目標の達成への加速的な前進を含む全住民の生活状況の改善に直接的に寄与できるように国連の当該国チームと開発機関との協力をさらに改善させること.
(k)人権条約機関との対話を可能にする,残りの国際人権条約を批准し応ずること.

12. 遅滞なくCOIの勧告を実行することを北朝鮮政府に求める.

13. 全てのメンバー国,国連総会,人権理事会,国連高等弁務官事務所,国連事務局,市民社会団体,基金,積極的に関与する企業,その他の関係者に,COIがおこなってきた勧告を実行または前進させるよう努力することを促す.

14. 国,および国家グループとの人権対話,国連人権高等弁務官事務所の技術的な協力,特別報告者の国の訪問を考慮する意思を,北朝鮮が最近示したことを歓迎する.

15. 対話,北朝鮮への公式訪問,そしてより多くの人と人との接触を通して,その他の人権状況の具体的な改善を促すための見込みをもって国際的な対話者と建設的に携わり続けることを北朝鮮に要求する.

16. 第70セッションで,北朝鮮の人権状況の審査を続けることを決定する.そして最後に,北朝鮮の人権状況について包括的なレポートを提出することを事務総長に要請する.また,人権理事会25/25に従い,COIの勧告の履行に関する追跡調査について報告することに加え,成果と勧告のレポートを続けることを特別報告者に要請する.

(2014年12月20日 NO FENCE暫定訳)

Notice: Undefined property: stdClass::$file1 in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/skin/default/document.php on line 42

Notice: Undefined property: stdClass::$file2 in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/skin/default/document.php on line 48
목록 이전 다음
Notice: Trying to get property of non-object in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoard.class.php on line 180

Notice: Trying to get property of non-object in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoard.class.php on line 180

Notice: Trying to get property of non-object in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoard.class.php on line 205

Notice: Trying to get property of non-object in /home/users/1/main.jp-axcerose/web/freenk/wp-content/plugins/kboard/class/KBoard.class.php on line 205

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*