ミャンマーで違法取引関与疑いの北朝鮮大使が突如交代(朝鮮日報)

現職の外交官でありながら異例にも韓米の制裁対象になっていた北朝鮮の金錫鉄(キム・ソクチョル)駐ミャンマー大使が、突然帰国していたことが31日までに分かった。韓国政府の消息筋は「金錫鉄大使は先月17日にミャンマーを離れ、後任のチョン・ホボム氏は先週現地に到着したらしい」と語った。

金錫鉄氏は、朝鮮鉱業開発会社(KOMID)がミャンマーで行った違法な武器取引への関与が疑われてきた。KOMIDは、国連安保理と米国の制裁対象になっている団体。米財務省の外国資産管理室(OFAC)は昨年11月、現職大使として初めて、金錫鉄氏を特別制裁対象に指定した。

これに基づき韓国政府も先月8日、北朝鮮に対する独自制裁を発表した際、金錫鉄氏を金融制裁リスト(40人、30団体)に含めた。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*