[第二次声明]北朝鮮の核脅威に際して

2015/09/28 建修 羽和道 0

北朝鮮は、核兵器開発を即時中断せよ 最近、北朝鮮は労働党創建70周年記念日の前に再び核実験を 実施すると対内外に通知した。北朝鮮は3代世襲が樹立された金 正恩独裁体制を永久化するため、そして国内で不満のある民心を より一層堅く結束するため挑発を続けてきた。 また、アメリカを核で脅威してさらに多くの経済支援を絞り上 げようとする下心でアメリカの同盟国である韓国と日本を核やミ サイルで脅威して政治的かつ軍事的に制圧しようとしている。 これは正に金正日と金正恩親子2代が完全に核兵器やミサイル中 毒に落ち込んでいる証拠とも言える。 北朝鮮は以前から核開発やミサイル発射実験に消耗されている 莫大な資金で食糧を購入し飢えて苦しんでいる国民に供給すべき である。その上、破綻している経済を活性化させるという救世済 民を最優先視すべきである。 国民の生活水準が世界に最下層にあるのに連続的な核実験やミ サイル発射という子供も笑うような馬鹿げた火遊びは即時破棄 し、中断すべきである。 もし北朝鮮がこれからも継続的に核実験やミサイル発射を強行 すれば、国際社会の避難と制裁から避けることは出来ない。しか も北朝鮮は孤立無援の立場になり、体制崩壊の道に落ち込んでし まうのは明白は事である。 北朝鮮の生き延びる道は朝鮮半島で軍事的な挑発策動を破棄 し、南北間の軍事的な対立を緩和するように努力する事だろう。 真実な平和と民主主義政策に切り換える事こそ、北朝鮮にしても 有益な選択であると思う。 […]

[第一次声明]北朝鮮の挑発及び南北合意に際して

2015/09/28 관리자 0

北朝鮮は、南北合意事項を誠実に履行せよ 最近朝鮮半島の軍事境界線付近で北朝鮮が仕掛けた木箱地雷が 爆発する事件が起きたため、南北間では再び戦争が勃発するよう な緊張状態が続いた。 それと同時に北朝鮮は、韓国側に板門店で緊急軍事会談を提案 してきた。 北朝鮮は、韓国による対北朝鮮宣伝放送を即刻中止することを 求めた一方、韓国は、北朝鮮の挑発行為についての謝罪と再発防 止を求めた。 しかし、最初から北朝鮮は、自らの地雷埋設を否認しただけで はなく、韓国軍は、回収したわが軍の地雷を埋め、謀略劇を捏造 したと主張した。 そのため、板門店での会談は、43時間にわたるマラソン会談に なってしまった。 マラソン会談の末に、ようやく北側が地雷爆発で南側の軍人が 負傷したことに遺憾を表明することで決着した。しかし、ただ遺 憾を表明することが心からの謝罪になるのか? 過去の歴史からみても、北朝鮮は、3代に渡る赤化統一の野望 を抱き、無謀な軍事挑発を繰り返してきた。 金日成による南侵(1950年)、軍事境界線付近における地下坑 道掘削事件(1960~1970年代)、金正日による大韓航空爆破事件 (1987年)、金正恩による韓国哨戒艦沈没事件(2010年)や延 平島砲撃事件(2010年)などが、長年における北朝鮮の挑発を裏 付ける証拠である。その他にも工作員によるテロやサイバー攻撃 など、北朝鮮による挑発行為は数えきれないほど多い。 […]

1 2 3 45